全国各地の100年フード

 このページでは、全国各地の100年フードを紹介します。

中国・四国

近代の100年フード部門〜明治・大正に生み出された食文化〜

へらずし

大堂海岸に定置網を敷く古満目は、江戸時代後期から続くブリの産地です。特に明治40年代前半までは豊漁で、新鮮なブリを刺身や塩焼きなどいろいろな料理で楽しむなかで生まれたのが『へらずし』であり、今も地域食として地元で愛されています。名前の由来は、エビの建網の目合いの幅を測る竹のへらや、曳網漁の疑似餌へらに形が似ていることだと言われています。一番脂ののった部位を酢みかんを混ぜた酢で締めて風味豊かに仕上げ、ゴマの香りとともに上品に味わうことができる一品です。

【高知県】

一般社団法人大月町観光協会

https://otsuki-kanko.jp/
へらずし